こゆラボ通信vol.26 〜地域おこし協力隊✖️学校 SDGsゲーム編〜

こんにちは!こゆラボ通信です。

今回も引き続き、地域おこし協力隊の竹内がお伝えします。
前回は地域学習の振り返りについて書きました。➡︎vol.25
今回はSDGsゲーム(Get The Point)の授業についてお伝えします。

Get The Pointとは?

こちらは、小学生からSDGsを学べるよう設計されている『子どもと大人のSDGs学習ゲーム』です。
詳細は、こちらのサイトをご確認ください→Get The Point

設計者は、すなばコーポレーションの門川良平さん。
2019年には、Get The Pointの前身となるSDGsゲームを新富町で開催していただきました。


子どもたちにルール説明をしている門川さん

僕自身はサポート役として参加。楽しくなって、ついつい前のめりに。

 

分かりやすくて面白い体感型のSDGsゲームだと感じまして、2020年11月に認定ファシリテーターの資格を取得しました。
その後、学校関係者や教育長に相談し、これまで地域学習のサポートで関わってきた上新田小6年生を対象に行うことが決まりました。

 

開始前から盛り上がる子どもたち

2021年3月19日(金)、学校の授業内で行いました。

 

他教室で生徒さんが授業をしている間、先生と一緒にゲームの準備を行いました。
どういう反応をするのか、ドキドキしながら帰ってくるのを待ちます。

 

数分後、生徒さんが教室に帰ってきました。机の上を見るとすぐに、

「何これ〜、鉄?レアメタル??」
「並べ方がデュエル・マスターズみたい!面白そう!!」
「たけちゃんまん、どんなゲームか教えてよ〜」

といった感じで、とりあえず興味は持ってくれたようで、ホッとしました。

さて、ゲームの性質上、ルール等の説明が詳しく書けないのですが、
基本的には4人グループを組んで、カード(資源)でアイテムを作り得点を競うゲームです。
1回戦目は個人戦、2回戦目は団体戦と2回に分けて行い、SDGs全体の要点を学びます。

さあ、いよいよ本番です。

 

ゲームなのか現実なのか

1回戦終了後、『作戦タイム』と称して2回戦に向けての話し合いの時間を設けたのですが、
僕が想定していたよりも話し合いが盛り上がり、休憩時間まで続けているグループもありました。

そのおかげと1回戦で登場しないカードが出てくることもあり、2回戦はゲーム性が増して盛り上がっていました。
途中、そのカードを見た生徒さんが質問を投げかけてくれました。

「これって、実際の世界でも起きることなんですか?聞いたことないものがあって。」

もちろん、使用するカードやアイテムは現在進行形のものです。そのことを生徒さんに伝えると驚いていました。

体感型だからこそ生まれた質問だなぁと思い、とても嬉しかったですね。
少しずつ学びが深まっていることを実感する瞬間でした。

 

協力して計画して行動する

授業の終盤、1回戦目と2回戦目の違いについて聞いてみると、生徒さんの一人がこう答えてくれました。

「1回目は何も計画せずやったけど、2回目はみんなで相談して協力して計画的にできたと思います」

 

この言葉にほとんどの生徒さんが頷いていました。ゲームの趣旨が伝わったようで良かったです。
授業の最後、SDGsの説明をする際に、生徒さんのこの言葉に触れて伝えしました。

「SDGsは世界的な取り組みで、協力してやることが大切。今日のゲームみたいにね!」
「みんなの一歩が、世界を豊かにしていく。ぜひ調べたり行動に移してみてください。」

 

大人でも理解できている人は、まだまだであるSDGs。
教える側も苦労する中で、全体像を把握できるこの体感型ゲームは需要があると感じました。

 

もしこのゲームにご興味のある方いらっしゃいましたら、認定ファシリテーターとしてお話しさせていただければと思います。
以下の連絡先までお問い合わせください。
FBアカウント:たけちゃんまん

 

今回はSDGsゲーム(Get The Point)の授業についてお伝えしました。
次回は今年度の活動を振り返りたいと思います。

地域おこし協力隊の関連記事

  1. こゆラボ通信vol.4 〜地域おこし協力隊✖️学校 Part…

  2. Iターン移住者が地元小学生に「このまちの魅力」を伝えてみた。…

  3. こゆラボ通信vol.3 ~地域おこし協力隊✖学校 Part①…

  4. こゆラボ通信vol.22 〜地域おこし協力隊✖️学校 Par…

  5. 新富町初の修学旅行をつくり、実践。宮崎県美郷町の中学生が「大…

  6. こゆラボ通信vol.10 〜地域おこし協力隊✖️学校 Par…