こゆラボ通信vol.14 〜地域おこし協力隊✖️学校 Part⑩〜

こんにちは!こゆラボ通信です。

今回も引き続き、地域おこし協力隊の竹内がお伝えします。
前回は先生との振り返りから生まれた授業について書きました➡︎vol.13
今回は前回の授業後の様子についてお伝えします。

リーダーはいらない!?

継続してお伝えしているこちらの地域学習ですが、現在、4つのグループに別れて進めています。
それぞれのグループに特徴があり、関わっていて非常に面白いです。

ただ、順調に進んでいるグループとそうでないグループに、ここ1ヶ月くらいで割れてきました。
前者のグループに共通しているのは、全員が同じ立場で関わっているということ。
つまり、リーダーらしき子がいないのです。

お互いに言いたいことを言うのではなく、みんなで話し合って納得解を目指している様子が多く見られます。
正解のない時代を生きていく私たちにとって、このような話し合いは今後大事になってきます。
子どもたちから学ぶことは多分にありますね。

関わりすぎず、関わらなさすぎず

一方で、後者のグループは全体で話し合うことはほとんどなく、
それぞれが思い思いに行動している姿が見られます。

僕も先生も入れ替わりでサポートに入って、
作業等を進めるように関わっていますが、なかなか思うようには、、、

そもそも僕らが考えているように授業が進むことは、ほぼないと考えてはいるものの、
どこかで「こうなったらいいな」と思ってしまう瞬間もあり、少しの葛藤が続いています。

関わりすぎても良くないですが、関わらなさすぎもあまり良いものではないと考えます。
この塩梅がうまくできるようになると良いなぁ、と今年はより考える一年となりました。

子どもたちの未来は

考えて思うことは、結局、授業や自分の「目的」によって関わり方が変化するということ。
振り返ると、この授業に対しての自分の関わり方が、当初の想定と変わっていることに気づきました。

先生とここまで密にやり取りをして進めていくことや、子どもたちへの声かけなど。
想定外の事態に対して、自分の「目的」はどうだったのか。精査していきたいですね。

今回は、授業後の様子について書きました。
次回は、先週行われた県内の高校の視察受け入れについてお伝えします。

こゆラボ通信初の、僕以外の記事です〜!!

関連記事

  1. こゆラボ通信vol.3 ~地域おこし協力隊✖学校 Part①…

  2. コロナ禍で加速した宮崎の遠隔教育の現状は? 事例報告と専門家…

  3. こゆラボ通信vol.17 〜地域おこし協力隊✖️学校 探究学…

  4. 現状や課題の見える化、学び合いの場を創出。これからの教育を考…

  5. Iターン移住者が地元小学生に「このまちの魅力」を伝えてみた。…

  6. 『こゆラボ通信』始めます