米倉誠一郎氏が緊急来宮!! ~みやざき産官学連携サミット2020開催!~

宮崎の2020年の動きを産官学の観点から一気に学べるイベント!
ゲストも参加する交流会も開催!
今回のイベントには、宮崎の産官学界を代表する方々が集結。宮崎のオープンイノベーションの可能性を大きく開きます!

■イノベーションの大家、米倉誠一郎先生が登壇!
この日は特別に、一橋大学、法政大学などを中心に日本のイノベーター育成に尽力を続けてこられている米倉誠一郎先生をお迎えします。2019年1月以来、1年ぶりの宮崎来訪となる米倉先生。同月に若草HUTTEで少人数限定で開催されたイノベーターミーティングでは、常に世界と未来を見据える米倉先生の視座と慈愛に満ちたエールに、宮崎の若手事業家たちが大きな勇気をいただきました。今回はそれに勝るエネルギーを参加者に浴びせていただけるのではないでしょうか。

【スケジュール】
※第一部 18:15~19:00 基調講演 米倉誠一郎先生
※第二部 19:00〜19:45 パネルディスカッション(県内産官学界リーダー5〜6名予定)
※第三部 19:50〜20:00 チャレンジャーズピッチ
交流会 20:00~21:00
定員 50名
料金 参加無料
*交流会参加の方:1人3,000円(オードブル/飲み放題付)
こちらのイベントページ内にあるフォームに記入していただければ参加となります。

■県内の産官学界リーダーが集結!
内部資源へのこだわりや今までの成功モデルへの執着を捨てたり、既存事業での短期的な業績にとらわれないようにするのは、決して簡単なことではないでしょう。しかしそれを乗り超えれば、変革をを生み出すスピードは向上し、コストもリスクも低減させることが期待できます。

米倉誠一郎氏
一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012年〜2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。現在、法政大学、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。著書は、「イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応」(東洋経済新報社)、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数。